1日葬と家族葬の違いを聞いてきた質問者への回答です。千葉の葬儀で行われている家族葬や、シンプルな1日葬の特徴やメリットを記述します。

千葉で葬儀を予定していますが、1日葬と家族葬の違いは?

1日葬は家族葬に次いで、最近では千葉でも人気になっている葬儀スタイルです。

葬儀の概要や特徴、メリットを記述しましょう。

■家族葬は30人規模で身内が会葬者。

家族葬は家族や身内・親族を中心とした葬儀で、だいたい20人-30人程度の規模です。

簡素ですが通夜があり告別式もあります。

家族葬はもともと、自宅でご遺体を安置してお寺さんに来てもらって見送っていた形式からきています。

自宅にご遺体を安置できない家が増えたため、家族葬というスタイルで葬儀場がニーズに応えたものです。

1日葬とは家族葬をさらにシンプルにした形式です。

こちらでは家族葬や1日葬の他に、様々な葬儀プランを紹介されています⇒千葉県での葬儀なら【博全社】地域に密着した葬儀社

■1日で終えられて家族葬よりシンプル。

1日葬は家族葬にある通夜を取り払って、1日で葬儀を終えるスタイルです。

葬儀スタイルのこの5年間の推移をみると、一般葬といわれるものの数が減少して、家族葬・1日葬の需要が増えています。

千葉でも高齢化で独居する人の数が増えたこと、弔う人の数、縁故関係が減っていること、さらに葬儀費用の面、葬儀を合理的に捉える人が増えてきたことなどで、希望者が増加しています。

千葉市内の葬儀場でもほとんどが対応してくれます。

■もっともシンプルな葬儀形式に火葬式がありますが、そこまで省略しない中間的な形式として1日葬が支持されています。

通夜などで手厚く弔ってあげたくても、それが許されないような家族構成であり、夫婦ともに働いている家庭では、1日葬はありがたい形式です。

その日に葬儀の一式を終えて、翌日には心身の疲れも軽く職場に出社できるというメリットがあります。

葬儀費用も30万円程度なので安く済みます。